白おくら

野菜
白おくら


アクがなく生で食べられることから「サラダオクラ」とも呼ばれています。三隅地区で50年以上栽培が続いています。やわらかくクセがないのが特徴で、通常のオクラよりねばりが多いです。ねばりのあるものは夏バテ予防にいいと言いますが、白おくらはまさに夏の野菜です。この白おくらは、有機肥料を中心に土づくりに力を入れ、土の力でグングン育ち、病気にも負けません。