2019.03.20

山口県の郷土料理「瓦そば」をご賞味ください

こんにちは、福の花PR担当です。

 

当店は、山口県で獲れたさまざまな食材を用い、地元で長年にわたって親しまれてきたお料理を東京にてご提供しています。数多くの逸品がある山口料理ですが、その中でも特にみなさんの中でよく知られているのが、「瓦そば」ではないでしょうか。

 

「瓦そば」は、山口県の西部にある「川棚温泉」が発祥とされているお料理です。西南戦争の折に、兵士たちが瓦を用いて食材を焼いて食べたという逸話からヒントを得て、60年ほど前に開発されたとされています。山口県でもごく限られた地域で親しまれていたメニューですが、2016年に大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」において取り上げられたことから、一気に認知度が広がりました。

 

この「瓦そば」ですが、福の花各店でも看板メニューとしてご用意しており、毎日多くのお客様からご注文をいただいております。

 

さて、「瓦そば」の特徴として第一に挙げられるのが、お皿の代わりに瓦でご提供することです。初めて見た方は驚かれるかもしれませんが、瓦自体は日本家屋で実際に使われているものではなく、「瓦そば」専用に設えたものを使っています。熱伝導がよく、おそばにしっかりと熱が通ることで、独特の食感を生み出しています。

 

おそばには茶そばを使い、錦糸卵、細切れの牛肉を乗せ、もみじおろし、のり、レモンなどをトッピングしてお持ちいたします。緑や白、黄色、赤などの色合いが鮮やかで、瓦のインパクトと合わせ、見栄えは抜群。この時点で、スマートフォンなどで撮影する方も多くいらっしゃいますよ。

 

熱した瓦は、「瓦そば」独特の味わいや食感を生み出すことにも一役買っています。茶そばは瓦の上で焼かれることでパリパリとした食感が生まれ、焼かれた部分とそうでない部分でのギャップが生まれます。おそば本来の食感と、焼かれて少し焦げた部分の食感が変わるので、食べ比べてみるのも面白いでしょう。

 

おそばは香りが良く、特製のめんつゆと合わせていただくことで、さっぱりと食べていただけます。薬味を足して味の変化を楽しんでみてください。

 

「瓦そば」は、食べ応えが抜群で、〆のメニューとして大変ご好評をいただいています。コースメニューでもご提供をしていますので、ご宴会の際などには、ぜひご利用くださいませ。

 

福の花各店は、下記の店舗一覧ページからお探しいただけます。

 

http://fukunohana.com/shop/

 

今週もみなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 人形町店

住所
〒 103-0012 東京都中央区
日本橋堀留町2-1-1 藤和堀留町ビル2F
電話番号
050-7542-4779
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top