2019.01.25

「福の花」で、山口県の銘酒「五橋 ファイブ」をお楽しみください!

「福の花」で、山口県の銘酒「五橋 ファイブ」をお楽しみください!

 

こんにちは、福の花PR担当です。

 

日本には数々の日本酒どころがあります。新潟や山形など、お米の産地として有名な地域には日本酒の酒蔵が数多く存在し、それぞれに研究を重ねた日本酒造りを行っています。

 

また、お酒をつくるお米として有名な「山田錦」の生まれた兵庫県も、日本酒の名産地として有名です。こうした地域ごとの味を楽しむというのは、日本酒党にとっての醍醐味のひとつと言えるのではないでしょうか。

 

そんな中、忘れてはならないのが「福の花」のルーツ、山口県の日本酒です。山口県内にある酒蔵は、数こそそれほど多くないものの、生み出される日本酒は「獺祭」「東洋美人」をはじめ、日本のみならず世界的にも評価の高いものが数多くあります。比較的甘めのものが多い山口県の日本酒は、日本酒を飲み慣れない方にも飲みやすさが好評です。お酒好きはもちろん、これから日本酒をたしなもうという方にも、おすすめですよ。

 

今回はその中から、山口県岩国市の酒井酒造が作り上げた銘酒「五橋」をご紹介いたします。酒井酒造は明治初期から続く酒蔵で、長年にわたって受け継がれてきた伝統技術と近代テクノロジーを融合させたお酒造りをおこなっています。

 

その中で生まれた「五橋」は、軟水で仕込んだきめ細やかでソフトな飲み口が人気のお酒です。また、同じボトルながら色違いのものがあるのが大きな特徴。色の違いは成分や味の違いを表しているんです。

 

「五橋」シリーズのベースとなるのが「ピンク」。青みがかった色と新鮮で刺激的な香味、そしてかすかな苦みが若者をイメージさせる「ブルー」。白こうじが生み出すクエン酸が濃厚な米の甘みに酸味のエッセンスを加える「イエロー」。人を選ぶ重厚かつ濃厚なインパクトがあり、好きな人にはたまらないであろう「グリーン」。一回火入れの生詰で、成分がよく溶け合った香味のバランスが絶妙な味わいを生む「オレンジ」。これらの5種類を飲み比べてみると、同じ系統のお酒ながらもそれぞれに違う個性を楽しめるかと思います。どれがお好みか、まずはご自身の舌で確かめてみてくださいね。

 

「福の花」には、「五橋ファイブ」と合わせるのに最適な山口料理が数多くあります。ぜひ、お近くのお店で山口県の日本酒の醍醐味を味わってください。お近くのお店はこちらのページで探せます。

 

http://fukunohana.com/shop/

 

なお、五橋シリーズはお店によってストックが変わります。在庫については、各店にお問い合わせください。

この週末も、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 人形町店

住所
〒 103-0012 東京都中央区
日本橋堀留町2-1-1 藤和堀留町ビル2F
電話番号
050-7542-4779
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top