2019.01.16

山口県は日本酒の名産地! 珠玉の日本酒をご賞味あれ

こんにちは、福の花PR担当です。

 

みなさんは普段、どんなお酒を飲まれますか。定番のビールや焼酎、ウイスキー、カクテルなどいろいろなお酒がある中で根強い人気があるのが、日本の伝統のお酒、日本酒。最近では女性にも日本酒ファンが増えてきたり、海外でも日本酒が高く評価されたりするなど、これから日本酒の需要はますます高まっていきそうですね。

 

ところで、みなさんは日本酒の産地というと、どんな地域を思い浮かべるでしょうか。メジャーな日本酒を多くつくっている新潟県や、兵庫県、京都府なども酒蔵が多い地域ですが、それらと同じくらい日本酒づくりが盛んな地域が、山口県なんです。

 

三方を海に囲まれた、自然が豊かな山口県では、県産のお米を使った日本酒づくりが行われています。特に、「山田錦」というお米は酒造好適米として非常に評価が高く、このお米を使ったさまざまな銘酒が、山口県で生まれています。

 

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

その中でも、人気・知名度共に最も高いと言えるお酒が「獺祭(だっさい)」です。山口県の旭酒造株式会社が生み出したこのお酒は、最新のテクノロジーと受け継がれてきた人の手による技術によってつくられています。美しい香りと洗練された味わい、飲んだ後の余韻など、あらゆる面で日本酒のおいしさ、楽しさを感じさせてくれるお酒です。

 

また、山口県を代表する日本酒として紹介したい銘柄に、「東洋美人」もあります。こちらは山口県の株式会社澄川酒造場がつくっているお酒。上品でフルーティーな香りや甘み、滑らかな舌触りは、「獺祭」同様、広く人々に愛されています。

 

ちなみに「獺祭」や「東洋美人」は、安倍晋三首相が外交の際に、アメリカのオバマ大統領やロシアのプーチン大統領にプレゼントし、大変に気に入ってもらえたという逸話が残っています。ぜひ、日本が世界に誇る銘酒を飲んでいただければと思います。

 

この他にも、山口県には「貴」「雁木」「五橋」「金雀」「三好」など、さまざまな日本酒があります。山口県の日本酒は総じて甘めで、飲みやすい味わいが特徴。ぜひ、「福の花」の山口料理と一緒に、これらの日本酒を味わっていただければと思います。お好みのものや気になる銘柄、料理に合う日本酒などをお探しの際は、お気軽にスタッフまでお声がけください。

 

「福の花」は東京都内各所にございます。お近くの店舗は、下記ページからお探しください。

 

http://fukunohana.com/shop/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 人形町店

住所
〒 103-0012 東京都中央区
日本橋堀留町2-1-1 藤和堀留町ビル2F
電話番号
050-7542-4779
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top