2020.02.10

日本酒と食のマリアージュ

 

美味しい地酒や食材が豊富に揃う山口県では、地の料理と地のお酒の相性も抜群です。

お酒と料理の相性が合うことを「マリアージュ」という言葉で表現されますが、

それらを生んだ地の物には土地の歴史や物語があり、同じ地のもの同士で味わう

マリアージュは格別です。マリアージュを味わうことでその土地を感じ、

まるで山口県へ旅行した贅沢な気分を味わえるかもしれませんね。

 

そこで今回は地のもの同士で味わえるマリアージュとして、

福の花で月ごとにおすすめ販売している山口地酒の「雁木」

そしてこんにゃくの産地、岩国市の「刺身こんにゃく」をご紹介いたします。

 

 

 

「雁木」は、山口県岩国市にあります「八百新酒造株式会社」さんより

丹精込めて造られた地酒です。

米という素材そのものの美味しさを引き出すことに打ち込みたいという強い思いから、

「雁木」のラインナップは純米酒のみというこだわり。
余計なものを足し引きせず、シンプルに真正面から酒造りに向き合っています。

毎日条件が違う米ですが、洗米処理一つをとっても決して妥協をしません。

白米を理想のコンディションに整えるために、日々の変化を感じ取りながら

作業を繰り返していきます。工程全てにこだわりを持ち、心を込めて、

まるで大切な我が子を育て上げるかのようにして造り上げてきたお酒、それが「雁木」です。

 

       

 

 

「雁木」と共におすすめしたい食材の「刺身こんにゃく」は、

こんにゃくの里と呼ばれる水岩国市錦町で、美しい山と綺麗な水で

昔ながらの製法を守りながら一つ一つ丁寧に作られているのが特徴です。

 

雁木と岩国の刺身こんにゃくに共通しているのは、「自然界の産物そのもの」というところ。
素朴でシンプルに造られ、山口県の生み出した自然の魅力そのものを

ダイレクトに味わえるところは非常に大きな醍醐味です。

 

 

「雁木」は山田錦100%、絞ったそのままの酒の持ち味と

ボリューム感がある贅沢なお酒で、バランス良い味わいが楽しめます。

「雁木」と「刺身こんにゃく」を合わせることで、酢味噌の酸味が際立ち、

こんにゃくの感触も味わいながらキリっと雁木が引き立ててくれる。
そんな互いの特徴を活かした相乗効果が楽しめます。
夏には冷酒、冬には熱燗と、季節に合わせ様々な表情を楽しみながら頂くのも粋ですね。

 

 

 

2月は福の花全店舗で「雁木 槽出あらばしり」を販売いたしておりますので、

ご自宅でもお気軽にお楽しみ頂けます。

山口の美味しいお酒と料理のマリアージュを楽しむなら、是非福の花へ!

山口県の土地で生まれたお酒とお料理を堪能しながら、贅沢で楽しい時間をお過ごし下さい。

店舗情報

福の花 茅場町店

住所
〒103-0025 東京都中央区
日本橋茅場町1-10-8
グリンヒルビルB1F
電話番号
050-7576-0773
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
※4月6日より当面の間 営業を休止させていただきます。
page top