2019.04.26

福の花・山口食材紹介シリーズ Vol.2「糂汰味噌(じんだみそ)」

こんにちは、福の花PR担当です。

山口県には、ふぐなどの他に、東京のみなさんに喜んでいただける食材が多数ございます。

本ブログで山口県のオリジナリティーあふれる食材を紹介する「福の花・山口食材紹介シリーズ」、第二回となる今回は、山口県の中でもごく限られた地域でしか食べられていないという名物「糂汰味噌(じんだみそ)」にフォーカスを当ててみました

 

「糂汰味噌(じんだみそ)」とは?

「糂汰味噌」は、白身魚のほぐし身と麦味噌を合わせてつくられている味噌です。瀬戸内海にある「周防大島」という地域で生まれた独特の名産品で、山口県でも本土の人はあまり知らないという一品。福の花では、山口県でもレアな味を東京でご用意いたしました。

 

「糂汰味噌」を使ったオリジナルメニュー 

「糂汰味噌」を使ったメニューは、味噌の味をしっかりと感じられる野菜スティックや〆のお茶漬けなど、さまざまなものがあります。その中で、今回訪問した「福の花 市ヶ谷外堀店」では、お店のオリジナルメニューとして、「糂汰味噌」と刺身こんにゃくを合わせた「糂汰味噌田楽」を用意していただきました。

 

こちらのお店の相場店長におすすめいただいた「糂汰味噌」メニューは、お酒に合いそうな一品。山口県産の刺身こんにゃくに「糂汰味噌」を乗せ、表面をさっと炙って仕上げてあります。

「福の花では、各店の裁量でオリジナルメニューを開発できるので、今回は『糂汰味噌』を使った味噌田楽を考案していました。こちらはまだ試作品なのですが、これから刺身こんにゃくを出汁で炊いて味つけをするなど改良して、近日中にはお客様にご提供させていただく予定です」

 

実際に食べてみると、クセのない刺身こんにゃくと「糂汰味噌」がマッチして、とてもおいしくいただけます。「糂汰味噌」自体は、いわゆる一般的な味噌と違ってあまりしょっぱくなく、優しくて食べやすい味わいとなっています。表面を炙ってあることも、香ばしさを立たせる工夫として効果的で、お酒もどんどんすすみそうです。

 

山口の食と合わせたい、山口の日本酒

 

また、こちらのメニューと合わせるお酒として用意してもらったのが、山口県産の「貴」という日本酒。

「山口県のお酒の中では、お米の風味がしっかり残っていて、フルーティーというよりも味わい深さに特徴があります。味噌という食材に合わせる意味で、しっかりした味わいの日本酒をピックアップしました」

 

「糂汰味噌田楽」と「貴」の組み合わせは、お一人、あるいは少人数で飲むのにぴったりです。オフィス街である市ヶ谷界隈では、この春から働きはじめた方も多いでしょう。同僚や後輩を誘って、ぜひ山口県の食をお楽しみいただければと思います。

 

お近くの福の花各店は、こちらのページからお探しください。

http://fukunohana.com/shop/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 茅場町店

住所
〒103-0025 東京都中央区
日本橋茅場町1-10-8
グリンヒルビルB1F
電話番号
050-7576-0773
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top