2018.10.31

【神田小川町】東京の真ん中で、新たな山口県を発見!「福の花神田小川町店」

こんにちは、福の花PR担当です。

 

福の花・店舗紹介シリーズ。今回は東京・神田小川町の「福の花神田小川町店」を取り上げました。こちらで働くスタッフの金近守さんは山口県出身。ただ、そんな金近さんにとっても、福の花で働くことで改めて山口県の魅力を知れたそうです。

 

アクセス抜群、駅近のお店

 

■福の花神田小川町店

 

公式HPhttps://fukunohana.com/kandaogawamachi/

住所:東京都千代田区神田小川町2丁目1-13 中村ビル12F

営業時間:

1130分~1415

1700分~2300

TEL050-7300-3265

 

こちらのお店があるのは、小川町交差点のすぐそば。小川町駅、淡路町駅、新御茶ノ水駅から徒歩圏内で、アクセスが非常にいいのが魅力のひとつです。落ち着いた店構えはお客様に好評で、「こんなお店があったのか!」と喜ばれることもしばしばあるのだとか。

 

 

座席数は全部で80席ほど。2階建てとなっていて、2階を貸し切れば40名様以上の宴会にも対応可能なのだそうです。

 

山口料理の新たな魅力を知る

 

「このお店のコンセプトは、山口鮮魚と長州地酒なんです」と金近さん。今回はお刺身5種盛りをご用意いただきました。この日のラインナップはホウボウ、真鯛、ハガツオ、イサキ、チカメキントキ。これらは当日の朝に山口県・萩漁港で水揚げされたものが、独自の物流網によってその日のうちに届けられています。何があるかはお店でも分からないそうなのですが、その分、いろいろなお魚が楽しめる、と言えそうです。肉厚なお刺身がおいしそう!

 

 

そして、お刺身に合うお酒として出していただいたのが、「金雀」。東京都内では入手困難な日本酒なのだそうです。その他にもたくさんの日本酒があり、店内の棚には、日本酒のボトルがズラリ。これを見るだけでも、日本酒ファンにはたまらないかもしれませんね。

 

 

お料理やお酒の反応について、聞いてみました。

「このお店には山口県出身の方もよくいらっしゃるんですけど、お料理を見て『こんなものがあったのか!』と驚かれることもよくあります。実際、私もこの店で初めて知ったお料理がありますからね。そうした発見ができるのも、このお店のいいところだと思います。もちろん、東京のみなさんには新鮮な気持ちで楽しんでいただけますよ!」

 

 

山口料理と日本酒を堪能してほしい

 

金近さんに、お店の魅力について尋ねてみました。

 

「このお店は、江戸時代から伝わる伝統の手法で仕上げた『ひやおろし』のお酒の種類がたくさんあります。お客様の中には、人づてにこのお店の話を聞いて来店される方もいらっしゃいますよ。それに、お客様から話を聞いてお酒を仕入れることもあるんです」

 

それだけ、お客様との距離が近く、愛されるお店だということですね。 

これから年末にかけて、世の中は宴会シーズンを迎えます。最後に、宴会についても聞いてみました。

 

 

「神田小川町店限定の『山口周遊コース』がおすすめです。山口の食材がてんこ盛りで、2時間の飲み放題のラインナップには山口県の日本酒15種類が入っています。『獺祭』もあるので、日本酒好きな方はもちろん、これから日本酒をたしなもうという方にも、ぴったりのコースですよ!」

 

 

年末の忘年会、神田小川町近辺の方はぜひ「福の花」神田小川町店を利用してみてください。

 

福の花はこの他にも、東京各所にお店がございます。お近くの店舗は、下記のページからお探しくださいませ。

 

http://fukunohana.com/shop/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 茅場町店

住所
〒103-0025 東京都中央区
日本橋茅場町1-10-8
グリンヒルビルB1F
電話番号
050-7576-0773
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top