2019.07.31

福の花・山口食材紹介シリーズ Vol.5「仙崎イカ」

こんにちは、福の花PR担当です。

山口県のおいしい食材や、それを用いたお料理を紹介していく「山口食材紹介シリーズ」。今回は、夏の時期に旬を迎える「仙崎イカ」と、すっきりとした飲み口が人気の「雁木」をご紹介いたします。

 

夏に旬を迎える「イカの女王」

 

身の柔らかさやねっとりとした甘さなどに特徴がある、美味で有名な「ケンサキイカ」。その中でも、一杯一杯をつり上げられ、山口県長門市にある仙崎市場に水揚げされたイカのみを指すのが「仙崎イカ」です。

福の花では、この仙崎イカを姿造りにてご提供しています。1年中食べることができる仙崎イカですが、旬を迎えるのは7月から9月ごろ。つまり、今の時期が最も美味しく食べられる、というわけです。

 

山口のお刺身を、山口のお醤油で

 

一杯丸ごとを姿造りにした仙崎イカは、インパクトが抜群です。

「お持ちすると、お客様も驚かれますね。おーっという声も上がることもあります。また、少し大きめに切ってあるんですけど、お好みで切り方を少し変えることもできるので、ご希望であればお申しつけください」

実際に見てみると、非常に肉厚で、透き通るような身であることがわかります。また、お刺身に使うお醤油にもこだわりがあるんです。

「お醤油は、普通のものと山口県の萩で作られた刺身醤油の2種類があります。山口県の醤油は甘みがあってとろっとしているので、お好みでお楽しみください」

醤油とわさびをつけて食べてみると・・・確かに、ねっとりとした食感から口の中に甘みが広がっていきます。濃厚な醤油のうまみと合わさって、どんどん食べられそうです。また、この姿造りはお刺身以外の食べ方も楽しめるのだとか。

「げそなど残った身以外の部分は、最後に天ぷらにしたり焼いたりしてお持ちいたします。お好みに合わせて料理しますので、ぜひお申しつけください」

一品でいろいろな楽しみ方ができるのはお得ですね!

 

濃厚なお刺身には、すっきりとした日本酒を

 

また、今回お造りに合う日本酒として選んでいただいたのが、こちらの「雁木」。濃厚で甘めの味のものが多い山口県の日本酒の中にあって、比較的すっきりとした飲み口のお酒です。

「お客様のお好みにもよるとは思いますが、お刺身や醤油が濃厚な感じなので、すっきりとしたお酒で流す、という感覚で楽しんでいただけるといいかと思います」

きりっとした飲み口は口の中をさっぱりさせてくれますし、日本酒の持つ味わいというのもしっかり感じられます。

夏の夜は、仙崎イカのお造りを食べながら「雁木」をちびちび・・・なんていうのも、すてきな過ごし方になりそうです。この他にも、夏においしいメニューがたくさんあるということなので、この夏のお食事会などには、ぜひ福の花をご利用くださいませ。

お近くの福の花各店は、こちらのページからお探しください。

 

http://fukunohana.com/shop/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

店舗情報

福の花 神田小川町店

住所
〒101-0052 東京都千代田区
神田小川町2-1-13 中村ビル1・2F
電話番号
050-7300-3265
営業時間
11時30分~14時15分
17時00分~23時00分
page top